寝返りが重要な理由|体の不調を改善したいなら耐圧分散の敷布団に変えてみよう

体の不調を改善したいなら耐圧分散の敷布団に変えてみよう

寝返りが重要な理由

睡眠

寝返りがどうして必要か

就寝時、人間は誰しも体勢を変えるために寝返りを打ちます。この寝返りがなければ体は凝り固まり、血行不良やリンパの流れの滞りを発生させてしまうのです。その結果、筋肉など体の組織は疲れがたまりやすくなり、さまざまな悪影響が出てくるようになります。例えば、夜中に体が痛くなり目が覚めたり、筋肉や体の疲れが十分な睡眠でも解消されないなどの症状です。こうした状態が慢性化すれば日常生活にも支障をきたすことがあるため注意が必要になってきます。では、具体的にこうした就寝時の寝返りトラブルを解消するためにはどうすればいいのか、最も効率的な方法は寝具を新しいものに変えることです。反発が弱すぎず、強すぎず、適度に体を支えてくれるもの、例えば高反発マットレスモットンがおすすめです。

適度な力加減が重要

マットレスの反発力は弱すぎてしまうと寝返りの際に必要以上に体が力を使ってしまいます。そうなれば疲れはとれるどころか溜まっていき、寝返りの回数自体も少なくなるため悪循環となるのです。逆にあまりに反発が強すぎるマットレスの場合、腰や首に必要以上に力が加わり寝苦しさを協調してしまいます。高反発マットレスモットンの場合、実験でもその力加減が検証されており、適度な硬さ、反発力を実現されています。モットンを使ったことのある人の口コミ意見には、他のマットレスにはない適度な硬さで寝やすいというものが多く投稿されています。モットンは硬すぎず、柔らか過ぎず、寝返りのしやすさを最大限に重視したマットレスだというわけです。