辛い肩の痛みを予防する|体の不調を改善したいなら耐圧分散の敷布団に変えてみよう

体の不調を改善したいなら耐圧分散の敷布団に変えてみよう

辛い肩の痛みを予防する

肩こり

普段から意識すること

肩こりは酷くなると首の痛みや頭痛にまで発展し、非常に辛いものになってしまいます。できることなら酷くなる前に予防をしておきたいものです。近代では特に、パソコンを使って仕事をする機会が増え、長時間の同じ姿勢と眼精疲労が重なって肩こりになりやすい環境になっています。そこで仕事中に意識したいのが30分に一度は軽くストレッチをして身体を延ばし、姿勢を変えることです。こうすることで肩こりの解消をすることができ、酷い症状が出ないよう予防することができます。また、ノートパソコンでは前傾姿勢になりがちなので、こちらも意識して背筋を伸ばすようにすると良いです。猫背は肩こりにしやすくするので、できるだけしっかりと背筋を伸ばすことが肩こりの予防と解消に繋がります。

様々なストレッチ方法

一言でストレッチと言ってもその方法は様々あり、肩こりの解消をしたいのであれば、肩こり解消に有効なストレッチを知っておく必要があります。椅子の上で簡単にできるものとしては、両腕を後ろ手で組んで腕をゆっくり上げていくものや、肘を曲げた状態で肩を軽く回すものが有名です。道具が使える状況であれば、タオルを使った肩こり解消ストレッチもあるので、そういったものも活用するとより効率的にストレッチをすることができます。肩こりが酷くなりすぎてストレッチでは追いつかないという場合には、マッサージに行ってこりかたまった筋肉をほぐしてもらったり、病院で診察してもらい痛み止めを処方してもらうといった対処方法もあります。